不動産の仲介に関して税理士に相談はできる?

東京で不動産を仲介してもらうとき、税理士にどんな相談ができるでしょうか?
たとえば仲介会社選びを手伝ってくれたりします。
東京で不動産を賃貸などに出したいとき、仲介会社を通さないと、賃貸契約を結んだり、その契約を運用したりするのが難しいですから、ほとんどの場合でこの会社とのお付き合いが大事なんですね。

しかし借り手を本当に見つけられるか、どんな借り手を見つけられるかは、各仲介会社によって大きく変わります。
東京で不動産を運用して積極的に利益を狙いたいなら、できるだけいい仲介会社を選びたいところでしょう。
不動産の運用に詳しい税理士なら、これまでにもそれら東京の仲介会社に仕事を頼み、どうなったかをよく知っています。

積極的に使いたい会社、あまりオススメできない会社は、これら専門の税理士に相談すればわかるわけです。
ここで教えてもらえるオススメ情報には、もちろん費用の情報も入っています。
仲介会社もタダで利用できるわけではありません。
仲介をお願いしたその不動産のオーナーも、この会社に手数料を払わないといけません。
その費用が安いわりに、サービスがいいといった会社にお願いしたいですよね。
このようなお得度の情報も含めて、いい会社を教えてくれます。

このような相談ができるほか、仲介手数料の記録方法なども教えてくれますよ。
これは主に自分で記帳をやっているオーナー向けのサービスですが、年明け後の申告に向けて、不動産の運用にかかった日々の経費を記録している方も多いでしょう。
青色申告など利用するときは、この記録方法にも一定の指定があり、それにあわせて記録しないといけません。
それぞれかかった費用がどんな名目で必要だった経費なのか、それを記録しないといけませんが、では仲介会社への手数料はどうすればいいのか、税理士が教えてくれるわけです。

このように東京で不動産を仲介してもらうとき、税理士には多くのことを相談できます。
仲介会社との付き合い方などに不安がある方など、詳しい税理士まで相談することを特にオススメしますよ。