不動産関係の税金を節税するには

東京の不動産関係の税金を節税したいときは、基本的に税理士まで相談してください。
その方法をいろいろと教えてくれますよ。
たとえば所得税を節税するための青色申告ですね。
不動産を運用して家賃収入を得ていると、その所得は仕事で得ている収入と同じように税金がかかりますから、税務署まで申告しないといけません。

このときにそれを青色申告という方法でやれば、それだけで節税になるんです。
これは一部の収入でのみ認められている特殊な申告方法で、これを使った特典として税金が減額されます。
不動産収入は青色申告が使える収入の1つですから、使わないと損ですよ。

これを使うには、その不動産の運用を始めた直後か、もしくは年の初めに管轄となる東京の税務署まで青色申告の利用申請をします。
これを出さずにやった青色申告は認められず、通常の申告として扱われますから注意してください。

届出をした後は、その不動産の日々の運用にかかった費用や、それで手に入れた収入を複式簿記の形式で記録していきます。
これは会計ソフトを使えば専門知識がなくてもつけられます。
一年の終わりにはその簿記をもとに青色申告用の書式で申告書を作って提出すれば、不動産で得た所得を最大で65万円減額できるんです。
所得税は所得に税率をかけて計算しますから、所得が最大で65万円も少なくなれば、かなり税額を抑えられますよ。

これはわりと基本的な方法ですが、事業をやっていない一般の方だと知らないこともありますよね。
詳しくはそれぞれ東京の税理士が教えてくれます。
自分でやるのが難しいと思えば、節税のため、税理士がこれら青色申告の準備などをすべてやってくれることもあります。
一般の方にとって不安なのは、やはり複式簿記での日々の記録ではないでしょうか?
ここは税理士にとってはそれほど難しくありませんし、これの完全代行を引き受けている税理士も多いです。
不動産関係の税金を節税するため、このようなことも依頼できますから、不安な方などお願いするといいでしょう。