大阪で相続に困ったら税理士へ

会社設立 税理士01

会社設立してから税務全般を税理士に任せる人も多く、中には税理士以外の資格を持っている人もいるため、印鑑証明書などの必要書類についてもアドバイスしてくれる人もいます。
税理士は税務に関わることがメインになりますので、企業との関係も深いのですが、実はそれだけではなく、遺産相続の問題が出てきたときにも役立ってくれます。

遺産相続と税理士と聞いてもいまいちピンと来ない人もいるかもしれませんが、実は遺産相続を専門にしている税理士もいるくらい、ここは密接な関係があるのです。
そこでここでは遺産相続に関わる税理士はおもにどのようなことをするのかお伝えしていきますので、大阪で遺産相続をする可能性のある人は参考にしてください。

まず最初に遺産相続の流れとしてはまず遺言書の有無を確認し、遺言書が残されている場合は裁判所で検認をしてそれが有効なものかどうか確認します。
遺言書が有効なものであればそこに記載されている内容に沿って進めていきますが、遺言書が残されている家庭はけっこう稀で、ないことも少なくありません。

遺言書が残されていない場合は遺産分割協議と言って相続人同士が集まってその後の相続をどうするか話し合いますが、遺産分割協議をはじめる前にやっておかなければならないのが財産調査と相続人調査です。
財産調査とはどこにどれくらいの財産が残されているか確かめる調査で、相続財産を明らかにしなければ遺産相続はできませんから必ずやっておかなければなりません。

また相続人調査も誰が相続権を持っているのか明らかにする必要がありますのでやっておかなければなりませんので、この2つを済ませてから遺産分割協議に移ってください。
遺産分割協議が終わって、相続財産が確定したら各々が相続の手続きをしていきますが、このときに相続税が発生する場合があります。

相続税はすべての相続人が対象になるわけではありませんが、プラスの財産からマイナスの財産を引き、さらに基礎控除額や配偶者控除額を引いて出た金額がある場合は対象になります。
相続税の相談をするときに役立つのが税理士の存在で、遺産相続に関わる税理士は主にこの相続税がかかるときに活躍します。

相続税がいくらかかるのか、また納めるときに必要なものは何かなどのアドバイスもしてくれますし、あらかじめ相続税がかかることが分かっていれば被相続人の生前に相談をしておけば節税の手段も教えてくれるので、早めに話をしたほうがいいでしょう。