東京の不動産で専門家に相談したい税金の種類

東京で不動産を取得すると、たくさんの税金がかかります。
その中には金額を調整するといったことはできず、ただ規定の税額を納めるだけになることも多いですが、専門家に相談したい種類のものもあります。
たとえば所得税です。

不動産を取得したあと、毎年かかる税金の種類は固定資産税だけではありません。
それを賃貸として活用し、収入を得たら、毎年所得税がかかります。
不動産収入も仕事で得たお金と同じ扱いになるわけです。
すべてが自分のお小遣いになるわけではないですから、注意してください。

そしてこれを東京の専門家まで相談したいのは、工夫次第で税額を抑えられることがあるからです。
納める税金は、どうせなら少ない方が嬉しいですよね。
そのような相談は、東京にいる多くの税理士が対応できます。
いわゆる節税の相談になりますが、不動産収入を得ている方のほとんどがやっている基本的な対策なら、所得税の申告について相談すると、自然に教えてもらえることも多いでしょう。

たとえば、経費をきちんと計上することです。
これは自分で事業などをやった経験がないとよくわからないかもしれませんが、事業収入や不動産収入がある場合は、その収入を得るためにかかった費用を経費としてまとめ、一緒に申告します。
そうすると、その経費の総額は収入を得るために必要だった出費として認められ、収入から除外されます。
これの何がいいのかというと、税金を計算するときの元になる所得という金額が、手取り収入に近い金額になるんです。
一応は自分が得たことになっていても、仕事のために自動的に出て行ったお金はカウントせずに収入を計算し、税金を計算できますから、手取り収入から無理なく払える税額になるんですね。

東京で不動産の収入があるときなど、所得税の申告前に東京の税理士まで相談することで、このような基本的な対応方法を教えてもらえます。
税金の種類によってはこのような対応がオススメですから、ぜひ試しに相談してみてください。

税金のほかにも個人事業主の方や会社設立でも税金の相談ができます。
合同会社設立のような違った形態で会社をする場合なども税理への相談がおすすめです。