東京の税理士へ不動産関係の依頼をしたときの費用

東京の税理士には不動産に関係するたくさんの相談ができますが、もしそれをしたら、費用はいくらかかるんでしょうか?
たとえばよくある依頼、確定申告の代行では、1〜3万円ほどです。
ちなみにこれはその不動産のオーナーが個人だった場合の値段ですね。
このような個人でも不動産の相談はできますし、法人が利用するときよりも費用が少し安くなります。
自分でやるよりも税理士に頼んだ方が早いと思えば、一度費用を確認してみるといいですよ。

先ほどの費用は確定申告の代理だけのときで、その前準備となる記帳の代理は、また別料金です。
これをお願いすると月額料金がかかります。
1か月あたり1000円から2万円と、実際にかかる費用はかなり違いがあります。
不動産が複数件あったり、1件あたりの部屋数が多かったりすると、記帳費用が高くなりますね。
不動産が1件しかなく、部屋数も10部屋未満とかなり少ない場合、1か月あたり1000円で記帳してもらえることもありますよ。

では法人になったらいくらになるでしょうか?
このときは申告費用が5〜10万円ほどが目安となります。
大手の法人で東京にたくさんの不動産を持っている場合など、もっと高くなることもありますね。
記帳の代理も1か月あたり最低1万円が目安となり、これも不動産の数や部屋数が増えるほど高くなります。

このほかの依頼についての費用ですが、たとえば顧問をお願いしたとき、個人では月に5000円から1万円ほどが目安になります。
この料金を払えば、その税理士が毎月訪問してくれたり、電話で質問に答えてくれたりするんですね。
法人でもこの顧問は依頼できますが、費用は月に1〜3万円ほどが目安になります。
やはり大手法人で東京に多くの不動産を持っているなら、もっと高くなることがありますから、よく確認してください。

このような顧問契約をせず、単発で税理士まで不動産関係の相談がしたいときは、1時間あたり5000円ほどが目安です。
相談だけでも有料になりますから、費用はよく確認してから相談しましょう。
東京にいる税理士まで不動産関係の相談や依頼をすると、このような費用がかかります。