会社設立時の会社名の決め方

会社設立 税理士

会社設立の時、決めなくてはならないのが会社名ですよね。
会社名は後から変更することができますが、やはり一度決めた名前はずっと使っていきたいところです。
そもそもコロコロ変更すると取引先はもちろん、クライアントからも信用されなくなってしまうので気を付けておきたいと言えます。
ただ、会社名を付けるとは言っても、どうやって決めるのが良いのでしょうか。
そこを知らずに会社設立をしてしまうと、意外と会社名で迷ってしまうことが多いです。
せっかく会社設立をするのなら、ちゃんとした名前を付けていくことが必要です。
ここでは会社設立時の会社名の決め方について解説するので、参考にしてみてください。
もちろん、会社名は常識の範囲内であれば、どのようなものでも良いです。
ただ、会社の顔になるということを忘れてはいけません。

まず、会社名の王道の決め方としては、事業に見合ったものにするというのが一般的です。
事業がITだった場合はIT関連の用語を組み合わせるのが良いでしょう。
介護なら介護、福祉なら福祉、飲食なら飲食というように、それぞれ事業の内容に見合った会社名を付けていくというのが普通です。
また、会社のスローガンなどを、そのまま会社名にするということも多いです。
世の中に対して何を貢献するかによって、その会社名の決め方も変わってきます。
せっかく会社設立をするのなら、自分たちの想いを詰め込んだ名前にするのも良いです。
そこは自由に英単語を組み合わせたものが主流ですが、実際には日本語でも良いですし、英語でなければいけないということもありません。
もちろん、場合によって色々と会社名を使うシーンも出てくるので、普段から使えるようなものにしておくと良いです。
あまりにも長い名前や複雑な名前は、やはり会社名としても相応しくありません。
誰もが覚えやすく、それでいて聞き間違わず、使いやすいものを選ぶのが良いでしょう。

もちろん、それらに関してはなかなか決められないということもあるでしょう。
そういう場合には、まずは専門家に相談するというのも良いです。
占いで決めるというのも良いかもしれませんし、実際に姓名判断などを受けてみるのも良いかもしれません。
その他、会社設立に関係する専門家に、良い名前をピックアップしてもらうのも良いです。
会社名は自由に決めて良いですが、一定の基準があるので、それは守っていくことが必要となります。